医師と地方と収入

-shared-img-thumb-N811_toridashitajyouzai_TP_V

普段知ることのない医師の転職実情について書いています。

医師は都内よりも地方で希望する人が多くいます。都内の大学部に通い、大学付属の都内の大学病院に就職した医師はその後地方の医局に転職するという人も割といます。地方の医局の何が魅力なのでしょうか?

その大きな理由の1つは、長時間労働をなくしたいという思いからです。医師は身体的に精神的にも重労働の仕事です。一見するとそんな風には見えない、その高い専門的知識によって楽に高収入を得ている仕事というイメージがあるかもしれませんが、都内の医局に入るとほとんどが長時間労働で医師もタフでないとなかなか働き続けるのは厳しい仕事になります。
しかし当の医師たちもその長時間労働が常態化している医師の労働環境を良しとは考えておらず、長時間が撤廃されるならそれは医師にとっても物凄く喜ばしいことでもあります。医師の長時間労働は昔から続いており、世界的に見ても日本の医療の現場は飛び抜けてきつい労働環境です。
こういったことになった背景としては救急の患者が搬送されてきた際に、例え労働時間を過ぎていたとしても対応しなければならないといった理由が挙げられます。都内の医局であれば救急搬送されてくる患者さんの割合も地方に比べて断然多く、これが医師の長時間労働が常態化している最大の理由の1つになっています。首都圏の人口が多いのはもちろんですが、それに対する医師の数が足りてないというのも問題点としてあります。東京以外でも神奈川・埼玉・千葉や大阪・名古屋・福岡といった大都市の病院は忙しい傾向にあります。

地方の医局であれば人口自体少なく、医師の数も適切に配置されていれば落ち着いた業務をこなすことができます。また地方の方が都内に比べても給与が高く、落ち着いた労働環境と高い収入によって医師が地方への転職を考えるようになっています。2004年に導入された新医師臨床研修制度の影響によって地方の医局を中心に働いていた医師が自分が望む地域に働きやすくなったことによって医師が転職しやすくなったということもあります。この制度によって医局の力が弱まることになり、地方も都内も苦しい各々の事情で厳しい常態に陥ることになりました。
医師の過疎化が進んだ地域だと年収は2500万〜5000万円程にもなり、給与をあげることで人がより集まりやすいように地方の医局は取り組んでします。

今後医師が転職をしようという際には医師転職サイトを利用すると良いでしょう。地方の求人案件も揃っていますし、転職先の医局の情報や細かい交渉事は医師転職サイトのコンサルタントに任せると良いでしょう。普段の業務と並行してやっていくには個人では難しい面が多いので、コンサルタントを活用することで効率の良い転職活動をすることができるでしょう。

医師になるためには医学部に通い、何年も勉強して国家試験に合格し、研修を経てやがて一人前の医師へと成長していきますが、それまでの長い期間は収入も不安定で、思うようにプライベートを楽しめない方もいることでしょう。一度医師になれば収入も高く安定しますが、それまでの不安定な期間はクレジットカード現金化を利用してお金を補うと良いかもしれません。学生で融資を受けられるところがそもそも少ないですし、返済についても厳しいところが多いです。そんな中クレジットカード現金化は普通のオンラインショッピングと同じように商品を購入して業者と現金を交換するだけですので、返済も自分のペースでらくらくできるメリットがあります。

ひまわりギフトってどんなキャッシングだろう